男の痰壺

映画の感想中心です

赤い橋の下のぬるい水

★★★ 2001年11月7日(水) シネリーブル梅田1

脚本・演出とも地に足着かぬ感じがした。そんな中清水のエロスがのっけの役所を籠絡する場面から唯ならぬものがあり、胡散臭い寓話に真実味を付与するかと思われたのだが、結局大竹しのぶのイミテーションに収束する。粘りを欠いた老大家の遺作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com