男の痰壺

映画の感想中心です

赤線地帯

★★★ 2002年9月9日(月) 高槻松竹

ピークを迎えた女優と忘れられクスブってる女優を、その通りの配役で使う冷徹さが溝口の溝口たる所以だったのだろうが、京と若尾の挿話は図式的で木暮と三益の部分が胸に沁みるのも溝口だったからこそとも言える。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com