男の痰壺

映画の感想中心です

活きる

★★★ 2002年5月18日(土) 梅田ガーデンシネマ2

今までも散々作られてきた「激動の歴史に翻弄される家族の大河ロマン」の枠組みを1歩も出ない。次々と語り口のスタイルを変えていく映像形式主義チャン・イーモウらしからぬ平板さ。とは言っても正直、子供絡みのエピソードには何度か泣かされた。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com