男の痰壺

映画の感想中心です

ダイ・ハード3

★★★ 1995年7月1日(土) 梅田スカラ座

シリーズの為に書かれた脚本じゃないのにタイトルだけ『ダイ・ハード』にした乖離感が拭えない。女房不在のマクレーンは何とかの無いコーヒーみたいだ。最初の30分こそは、それでも趣向が冴えてるが残りは平凡。カメラが雑いし必要以上な残酷描写も不快。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com