男の痰壺

映画の感想中心です

オーディション

★★★★ 2000年4月26日(水) 動物園前シネフェスタ2

彼女欲しさの嘘八百のオーディションがアンチモラルとしても男なら解らないことはないという微妙な匙加減。トラウマに囚われた不孝な過去を背負うとしても抑制の枷をぶっ飛ばす一大ショッカーの連続が柔な理解を嘲笑う。倫理観の立脚点は現実には微妙なのだ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com