男の痰壺

映画の感想中心です

ナイスガイズ!

★★★★ 2017年2月21日(火) 梅田ブルク7シアター5
イメージ 1
70年代をモチーフにしたハードボイルドってのが、もしかしたら流行?
なんて思っちまうくらい全てが様になってる。
SEX&ドラッグと生活の垣根が低いんですなあ…この時代は。
そりゃあ、なんでも規制の今の世に生きてりゃあ、70年代経験者にゃあ懐かしくも思えます。
 
主演2人が最高だ。
どでかいテディベアと化したラッセル・クロウの良さは想定内だがライアン・ゴスリングに驚愕。
条件反射的アドリブが冴える。
・腕折られるときの悲鳴→絶妙の大きさと長さです。
・娘に指切り迫られ渋々したあとF○CK!と吐き捨てる→納得の反応です。
などなど全篇ノリりに乗ってて楽しい。
 
財界の巨悪が元締めってのも実に「らしい」。
ただ、キム・ベイシンガーだけは一寸弱い…っていうか痛々しい。
 
SEX&ドラッグと生活の垣根が低い70年代への懐旧感が堪らない。主演2人が最高でどでかいテディベアと化した【クロウ】もだが【ゴスリング】の条件反射リアクションが冴えまくる。財界の巨悪が元締めってのも正しくハードボイルドの根幹を押さえてます。(cinemascape)