男の痰壺

映画の感想中心です

2019-02-11から1日間の記事一覧

野のなななのか

★★★ 2014年5月17日(土) 梅田ブルク7シアター4 冥界と現身の或いは過去と現在の更にはフィクションとノンフィクションの境界をクロスオーバーする崑流リアクション編集過多の大林版『田園に死す』乃至は『エロス+虐殺』だが、如何せんデジタルが易さとし…

地獄の黙示録

★★★★ 1980年3月26日(水) OS劇場 1980年9月3日(水) 伊丹グリーン劇場 地獄巡りの主人公が見聞する、恐怖がドラッグを蔓延させ抑圧された性欲が暴力衝動を喚起し意義喪失が殺戮の意味を見失わせる様は圧倒的画力を持つ。しかし、狂言回しが、何時しか侵食さ…

ジュリアン

★★★★ 2019年2月2日(土) シネリーブル梅田2 【ネタバレです】 どうにも売り方が、ミスリードを誘ってよくないと思う。 「ジュリアン」という子供の名前のタイトルと子供の泣き顔のポスターからは、どうしたって虐待の映画を連想する。 おりしもクソ親によ…

過去日記 2012

三島由紀夫と便※注 又も便に関する話だから、食事中の方は読まないで下さい。 前にも書いたとおり便通がいい俺なのだが、ごくたまにそうでもないときもある。 どうにも、出が悪く、顔を真っ赤にしてうんうん言っても完全に出切った感がない。 半端を好まない…

過去日記 2011

映画 2011今年、映画館で見た映画が91本。 案の定、100本を切り、俺の黄金時代は2年で終了した。 主なものをシネスケ採点で列挙すると 日本映画★★★★★ 「冷たい熱帯魚」「八日目の蝉」「弥太郎笠」 日本映画★★★★ 「海炭市叙景」「パラダイス・キス…

過去日記 2010③

映画2010今年、映画館で観た映画が119本。しかし、転勤を機に状況は変わった。 1~6月が78本、7~12月が41本であり、来年度の100本超えはまず不可能であろう。 俺の黄金時代は終焉した。次の黄金時代の到来は周期説から言うとアラウンド…

過去日記 2010②

経済について最近の政治家やメディアがほざく二つの事柄①「消費税上げを提唱することは財務省官僚に与したと同義」 週刊誌でよく見られる論調であるが、官僚打破を謳った民主党が官僚組織に敗北したという風に語られる。 確かに、今の民主党の面子を見たって…

過去日記 2010①

AMETHYST SUNRAYしばたはつみが亡くなった。 彼女のファンだったわけではない。 ただ、「AMETHYST SUNRAY」という曲が20年以上にわたり俺の脳裏にこびりついているのだ。 これは名曲なのではなかろうか。 確か出だしはこうだ……

過去日記 2009下半期

映画20092009年の劇場鑑賞映画が112本。6年ぶりに100本を超えてしまった。新たな暗黒時代の到来であろうか。過去の経験則からいって、映画をいっぱい見てる時期というのは、あんまり幸せとは言えないからだ。とは言え、現実逃避にせよ、気分…

過去日記 2009上半期

アライソ少し前、新聞で「アラ還」という言葉を目にした。 アラサーとかアラフォーに習って60歳まわりのことらしい。 アラウンド還暦→アラカン。 かっこええ! とまあ、で、この俺。 昭和36年生まれの齢48歳。 あと2年で50歳。 あらためて、とうと…

過去日記 2007~2008

映画20082008年、映画館で観た映画は90本。 色々あったが、よう頑張ったんちゃうやろか。 例年通りシネスケでの採点での上位を書く。 邦画★★★★★ 「母べえ」 邦画★★★★ 「愛の予感」「いろはにほへと」「拝啓総理大臣様」「アフタースクール」「ぐる…

過去日記 2006

2006 映画今年、劇場で見た映画が55本。 相変わらずの低調ぶりで、尚且つ金が無いものだから、どうしても安物映画ばかり見てしまう。3本立て1,000円とかそういうたぐいのだが、これが悉く外れた。 以前は、このころになると、自己評価はともかく…

過去日記 2005

2005年を映画で回顧する運命論とか占いの類とかは信じたくもないが、一種のバイオリズムというのは間違いなくあると思う。 上がり続ける株価は有り得なく 増え続ける人口も有り得ないわけで どこかで下降局面に移行する。 問題は下降局面を終結させる努…

過去日記 2004下半期

映画で回顧する2004年同じことの繰り返しに見える日々の移ろいも 実は微細な事柄が積もってゆき、総和として形成されたものは 少なからぬ変化を年度にもたらすであろう。 去年と同じ今年はないし、今年と同じ来年はない。 一昨年に180本を超えた映画…

過去日記 2004上半期

映画 2004上半期半年で劇場で見た映画が40本。 かのN大人は福島に行っちまったってのに80本見てらっしゃるらしい。 年間で70~80本ペースであり、又もや前年比マイナスとなりそう。 考えてみれば、一昨年の180本ってのは何だったんだろうと…

過去日記2003下半期①

アイスクリーム♪おとぎ話の王子でも昔はとても食べられない アイスクリーム アイスクリーム 他愛のない幼児向けの歌曲のように聞こえるが、実は近代ミクロ経済学の需要と供給による価格決定メカニズムを幼児期からインプットさせる啓蒙心に富んだ内容である…