男の痰壺

映画の感想中心です

KANO 1931海の向こうの甲子園

★★★ 2015年1月25日(日) MOVIXあまがさき10
イメージ 1
 
力作なのだが余りに総花的展開で散漫の誹りは免れない。挫折した永瀬の自己回復の物語と混成ダメチームの成功譚はリンクしつつも根っこで化学反応は起こさない。更に何故か札商の青木が語り部で、大沢の出番に至っては全く乖離して意味不明だ。(cinemascape)