男の痰壺

映画の感想中心です

うたかたの戀

★★★★ 2018年7月8日(日) プラネットスタジオプラスワン
イメージ 1
オーストリア皇太子の心中事件をモデルにした映画は本作品を含めて3作あるらしい。
まあ、悲恋ものであり、成さぬ恋の果ての情死という意味で「ロミオとジュリエット」みたい。
しかし、現代の感覚から見れば、何もそこまで思いつめんんでも…と思ってしまう。
心中やなくて駆け落ちでも…とか。
 
近松の心中ものをはじめ古来、文学的モチーフとして心中は人気グンバツなのであった。
雁字搦めのシステムが社会を遍く覆っていた時代ゆえである。
敷居は取り払われ制約が無効化する昨今は、ある意味文学受難の時代かも知れない。
 
アナトール・リトヴァクの映画は「追想」を見たことがある。
あれも、失踪したロシア皇女アナスタシアにホームレス女を仕立てあげる。
というハッタリ講談であったが、こういう大構えな物語が好みな監督らしい。
 
2つのシーンが圧倒的。
オペラ観劇と舞踏会だが、どちらも徹底的に2人の視線の交錯がこれでもかと描かれる。
大状況でのミニマムな心理のピックアップはちょっとデ・パルマチックで劇的だ。