男の痰壺

映画の感想中心です

ナポリの饗宴

★★★ 2019年2月2日(土) シネヌーヴォ
イメージ 1
子供のころに読んだ佐藤忠男著「世界映画一〇〇選」っていう本があって、あまりに繰り返し読んだもんだから、そこに選ばれた100の映画に俺は敏感に反応してしまう。
本作も選ばれており、佐藤先生褒めまくっております。
今回、イタリアネオクラッシコ映画祭という企画で見る機会があった。
結果、たいそう失望した。
 
16世紀から第一次大戦までのナポリ史を5つの挿話で描く。
それをイタリアンな大衆歌謡劇で彩る。
といえば聞こえがいいが、「サンタルチア」とか「オーソレミーヨ」とか高らかにうたわれてもどうもね。
それでも映画的に訴求するものがあればだが、沁みてきません。
 
挿話の合間に語り部的な感じで街頭音楽商人の一家がいて、これが貧乏人の子沢山。
お金がなくって夫婦喧嘩したり、泊まる家がなくて知り合いに泊めてもらったり、年ごろの娘がどっかの若造と恋に落ちたりで、ここのみイタリア映画らしい惻々とした良さがある。
 
あと、5話目の1人の女をめぐってのギャングの諍いの話で、その群舞の振り付けが「ウエスト・サイド物語」に似ている。
ジェローム・ロビンスは案外これにインスパイアされたのかもと思った。