男の痰壺

映画の感想中心です

仁義なき戦い 完結篇

★★★ 1978年11月23日(木)  トーエイ伊丹
イメージ 1
お祭り騒ぎの後の衰亡の歴史を綴った後日談的な寂寥。金子という隠し支柱が消えベクトル無き内部抗争の行き詰まり感は3度目の登板の松方や大友役の宍戸への交代によっていや増される。新たに政治結社化する流れが時代の終焉を醸し出し悪くない。(cinemascape)