男の痰壺

映画の感想中心です

新学期 操行ゼロ

★★★ 2018年3月17日(土) プラネットスタジオプラス1
イメージ 1
ぶっちゃけ、評価されすぎじゃないかと思われるのだが…。
 
これが、そもそもトリュフォーらのヌーヴェルヴァーグ同人に見いだされ神格化されたのは
①反体制的であること
②技法のリリシズム
の2点によると思われる。
 
で、その2点であるが、風化してしまったと言わざるをえないんじゃなかろうか。
枕投げ合戦のスローモーションだが、俺はふーんとしか思えなかった。
 
だいたい、スローモーションってのは使い方が難しいもんだと最近になって思うのだ。
通常速度のカットと下手につなぐとあざとく見えてしまう。
少し前にTVで放映された「七人の侍」を見ていて2か所のスローモーションに違和感を覚えた。
こんなダサかった?
大分前だが、「ワイルドバンチ」をTV放映で見たときも、おんなじことを思ったのであった。
 
ジャン・ヴィゴとしては、やっぱり「アタラント号
あれこそは、伝説となるに足りうる映画。