男の痰壺

映画の感想中心です

ラブレター

 ★ 1981年8月13日(木)  ダイニチ伊丹

イメージ 1
『サード』で俄かに流行監督に躍り出た東陽一第2期女性映画群の掉尾を飾る「にっかつロマンポルノ」という極北感は皆無であり、又かの自己満足的陰鬱世界が繰り広げられる。そこには戦略的配慮は欠片も窺えない。(cinemascape)