男の痰壺

映画の感想中心です

2021-11-26から1日間の記事一覧

至福のとき

★★★★ 2006年7月22日(土) パルシネマしんこうえん 余りに物語が小振り過ぎて小品の趣を免れ得なく、この投げ出し方は「放棄」したとも思える粗雑さだが、一方で執拗に反復されるディテールに新たな手法を模索する作家魂を感じたりもした。いずれにせよ2極…

こうのとり、たちずさんで

★★★ 1992年10月26日(月) テアトル梅田2 国境地帯というシンボリックな舞台で流浪と漂泊を散りばめたカオスより何を抽出し得たのか俺には見えなかった。ビデオの中の2大スターが背負った映画史の邂逅は感銘を呼ぶが物語の構造とは遊離している。難民たちの…

マインドハンター

★★★ 2006年8月12日(土) 新世界国際劇場 そこまでやるかという納得性が欠如しているからシラける。混沌の彼方に物語を押し込めることもなく無理矢理に整合性を求めて自ら破綻した感じ。シンプルを突き詰めてこそ諧謔を見出すハーリン演出も結局はシナリオに…

ジョン・M・チュウ Jon M. Chu

生年:1979/11/02 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

横山博人 Hiroto Yokoyama

生年:1948/03/16 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

喜劇 “夫”賣ります!!

★★★★ 2021年11月22日(月) 新世界東映 女の方からグイグイ来られる。モテない男の願望かもしれませんが、こういうのに俺は弱いんです。もちろん、来る相手にもよるんですが、今回それは佐久間良子ですから。ちなみに俺は彼女のことを、今でもよく特集上映さ…