男の痰壺

映画の感想中心です

浪花の恋の物語

★★★★ 2012年3月24日(土) 新世界東映

f:id:kenironkun:20201002201255j:plain

戯作者の近松を顛末ウォッチャーとして置いた脚本に大して効果を見出せないので、『近松物語』や『曽根崎心中』の劇的純度には劣ると感じてしまう。ただ、劇場や郭のオープンセットの贅には惚れ惚れし、それを支配する吐夢の大構えな力量を随所で感じる。