男の痰壺

映画の感想中心です

あの日、欲望の大地で

★★★ 2009年10月1日(木) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20210509092911j:plain

場所と時制が錯綜し多くのエピソードが並立配置される前半。圧倒的な風景描写の中、過去は神話性を現在は絶望の深淵を垣間見せる。ベルイマン絶頂期をも想起させる性的アプローチだったが、物語の帰結が見えるにつれ哀しいまでに急速に世界は矮小化した。(cinemascape)