男の痰壺

映画の感想中心です

それでも恋するバルセロナ

★★★★ 2009年6月27日(土) なんばパークスシネマ6

f:id:kenironkun:20210606043431j:plain

等身大・天然・ド天然という女のサンプリングを『旅情』的シチュエーションにはめ込み動かす作者の影が消え、行きつ戻りつの惑う等身大女の心根が前面に出る意外な素直さ。そして、落としどころに垣間見るアレン流シニカルな人生観。巧緻で闊達。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com