男の痰壺

映画の感想中心です

詩人の生涯

★★★ 2021年8月15日(日) シネヌーヴォX

f:id:kenironkun:20210815235258j:plain

中高生の頃、安倍公房が好きでよく読んでたのでこの原作も読んでると思うけど全く覚えてません。

 

・貧苦のなか縫製の内職をしていた母親が糸になって糸車に巻き込まれてしまう。

・その糸が加工されてジャケツになる。

・ジャケツはネズミにかじられ赤く染まる。

・世界に雪が降りしきり資本家も労働者も凍りつく。

・ジャケツが男を包み彼は解凍される。

・彼は詩人であることを自覚する。

という流れも原作どおりなんでしょう。

 

原作覚えてないと言っといてなんですが、この映画はそれをまんまトレースしただけに見えてしまう。人が糸になる不条理や左翼的階級観など安倍公房のエッセンスまんまだ。

切り絵という手法による説話性も適合しすぎて意外性がない。