男の痰壺

映画の感想中心です

にあんちゃん

★★★★★ 2006年12月9日(土) 日劇会館

f:id:kenironkun:20211031035842j:plain

少年は自我と親愛の狭間で悩んだりしない。前進あるのみで真摯であり、しかも当たり前の如く情愛も持ち合わせている。こういう自立し行く世代の芽生えは何時の間に摘み取られてしまったのだろうか。後の今村一家総出の脇役陣も充実。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com