男の痰壺

映画の感想中心です

グッドナイト&グッドラック

★★★★ 2006年11月18日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211031044449j:plain

規定の事実という前提なのだろうが、マッカーシーのサディスティックをもっと前面に出した方が劇的であったと思う一方、実験的とまで言える抑制を選んだクルーニーが嫌らしくも男前とも思う。とにかく技術であってモノクロの粋とも言える撮影。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com