男の痰壺

映画の感想中心です

破戒

★★★ 1977年11月20日(日)  東梅田シネマ
イメージ 1
冒頭の屠殺場面で感じた崑の才走り感が何となく邪魔。物語の本質を外しているわけではないが、微妙に根幹に訴求してこない。ひとつの題材として完璧に料理しましただけでは喰い足りない。端正なモノクロの粋とも言える宮川撮影も同根。(cinemascape)