男の痰壺

映画の感想中心です

四畳半芸者の枕紙

★★★★ 2004年1月22日(木) 東梅田日活劇場

f:id:kenironkun:20220116031541j:plain

ただただ順子とやりたいという栩野が清々しく、そんな純情への同情から体を与える中島葵が優しく、そんな葵を労るヒモ庄司三郎との四畳半こそが本作の白眉。とことん皆優しい。そして、越境するラストには至福と地獄が隣り合わせなのだ。(cinemascape)