男の痰壺

映画の感想中心です

続・座頭市物語

★★ 1992年6月21日(日) 高槻松竹

f:id:kenironkun:20220103031517j:plain

虚無感の塊みたいな1作目での天知茂の存在感に対して本作の若山富三郎には虚無感が似合わなく、しかも、市との関係もピリピリした緊張感を出せない設定にしてしまった。三隅と森の演出力量の差も一目瞭然だ。(cinemascape)