男の痰壺

映画の感想中心です

★★★★ 2002年10月19日(土) 扇町ミュージアムスクエア

夢も希望も無くても人は喰い寝て排尿し性交する、その様が哀しく侘びしい。相変わらずの閉塞感と孤独感の世界だが序盤の展開はフェリーニやアントニオーニを彷彿とさせる虚無感満載。それだけにギリシャ悲劇めいた後半が著しくバランスを崩した。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com