男の痰壺

映画の感想中心です

愛について、東京

★★ 1993年3月21日(日) テアトル梅田2

ある意味したたかに生き抜いていく在日外国人達に抗する日本人がインポテンツに悩める半端ヤクザってのが余りに偽悪的であり被虐趣味にしか見えない。バブル真っ直中の90年代の「東京」はもとより「愛」についても描けてるとはてんで思えない。 (cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com