男の痰壺

映画の感想中心です

天と地

★★★ 1994年4月10日(日) 高槻松竹

大国の利権争いから内戦に至るベトナム近代史で翻弄される1人の女性を通しストーンが何を言いたかったのか終ぞ見えない。駆け足的な大河ドラマの中でジョーンズの印象はお荷物の介入者でしかない。視点の立脚点に本腰が入ってなく多分に如何わしい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com