男の痰壺

映画の感想中心です

こころ

★★★ 2001年5月15日(水) 高槻松竹

脚色でギリギリかわしているが国民文学の名作も行間の奥行きを取っ払い映像と言う直截な手段で再構築されると単なる三角関係の痴情劇になる。とは言っても雨の泥濘道の擦れ違いのモンタージュは若手作家が挙って模倣しそうな強烈な輝きをいまだに放つ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com