男の痰壺

映画の感想中心です

キルソドム

★★ 1994年7月10日(日) ホクテンザ1

血の繋がりとは何かを問いかける結末のシビアさは非常に重くドラマトゥルギーを内包してるとしても、それを映画として観客に訴求するにはグォンテクの愚直が裏目に出る。しんどい物語を語るに記録フィルムとのモンタージュが余りに拙劣で見るに耐えない。(cinemascape)