男の痰壺

映画の感想中心です

ボディ・ターゲット

★★ 1994年1月16日(日) 新世界国際劇場

未亡人と少年と流れ者という三題噺を基にリライトを重ねて何の取り柄もない凡作になったというのがミエミエであり、演出もアクションの見せ方が惰性的に弛緩しているので苦痛。ヴァン・ダムもアークェットも濡れた情緒には遠いのでそっち方面も大味。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com