男の痰壺

映画の感想中心です

シェルブールの雨傘

★★★ 1976年8月3日(火)  SABホール
イメージ 1
浪花節だよ人生は的な物語を情緒メロメロの歌曲でビショビショにまぶしてくれるので息苦しい。本来小ネタで繋ぐ挿話も歌で綴られ身に沁みない。ストーリーを今更に読み返して見るといい話なのだがストンと落ちないのだ。ただ、ラストシークエンスだけは絶品。(cinemascape)