男の痰壺

映画の感想中心です

2018-07-19から1日間の記事一覧

シン・シティ 復讐の女神

★★★ 2015年1月23日(金) TOHOシネマズ梅田6 浮浪者狩りの糞ガキを狩るロークの掴みやカードやコイン技の一挙手一投足の末端まで気合を漲らせるレヴィットの至芸と出だしは良いが、肝心のジェシカに切ないまでの悲哀がエヴァに悩殺的な色香が無く予定調和な…

ペトラ・フォン・カントの苦い涙

★★ 1980年11月1日(土) 関西学院大学第4別館309号室 限定された密室劇でさして魅力的でもない中年女性の鬱屈した精神の変容を見つめ続けるには、多少のレトリックは必要ではないだろうか。例によって青を基調とするバルハウスの撮影も相当に単調で描写に…

フィニアンの虹

★★★ 2018年7月15日(日) プラネットスタジオプラスワン コッポラのメジャーデビュー作であるし、かの「ゴッドファーザー」の2本手前の作。 なんだから、もっとフィーチャーされてもいいんだけど…。 まあ、あんまりオモロくもないんだわ。 ブロードウェイの…

チャイナタウン

★★★ 2015年2月7日(土) 大阪ステーションシティシネマ6 30年代復刻ブームに乗った企画はポランスキーの内実から生じたものとは思えず、がしかし、アルチザンとしての高度な技量を駆使し魅せるものにしてみせる。ニコルソンのニヒリズムは文句ないが、利…

五番町夕霧楼

★★ 1980年11月5日(水) 伊丹ローズ劇場 初作でさえも金閣寺放火のモチーフが余分に思えたのに、本作では更に、それをクローズアップした為に主人公の哀感を切々と謳い上げるには程遠くなってしまった。この頃の松坂はまだケバいし、ポップが身上の山根の柄で…

ワンダー 君は太陽

★★★★ 2018年7月15日(日) TOHOシネマズ梅田5 病気が題材の映画も子供がメインの映画も好みではない。 だけど、この映画は見てよかったと思った。 言うなれば一種の理想郷を描いたもの。 で、そのことを映画は観客に信じ込ませることができるかが正念場…