男の痰壺

映画の感想中心です

2020-03-17から1日間の記事一覧

おもひでのしずく (2003年4月16日)

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。 歯医者 歯に詰めていたものが取れて何年ぶりかで歯医者に通っているのだが、さすが都会の歯医者さんは豪気だね。若い女の子の助手がわんさかいてさ、合間合間にいちいちお口のお掃除とか、歯垢落とし…

フライト

★★★★★ 2013年3月24日(日) MOVIXあまがさき8 社会的逸脱者が特定分野で秀でるという序盤のテーゼは心地よいまでに反転され映画は転がり続ける。複数のジャンル映画の様相を横断しつつ行き着いた50年代的モラリズム。そのド真ん中を射抜く確信に心を…

炎の舞

★★ 1981年1月7日(火) 伊丹ローズ劇場 隔絶された世界で燃え上がる恋人達…の筈が全く燃え上がってるように見えないので、妙にしんねりむっつりしただけの代物になった。学芸会に毛の生えた程度の連中が表面ずらだけストーリーをなぞってみたってどうしようも…

テッド・バンディ

★★★★ 2020年3月14日(土) 新世界国際劇場 食傷のきみあるシリアルキラーもんってことで、例によって実在人物だそうで、つくづくアメリカって、どんだけシリアルキラーおんねんと思う。 のであるが、こいつの変ってるのは、逃げも隠れもしないぜ、だって冤罪…