男の痰壺

映画の感想中心です

2022-01-05から1日間の記事一覧

恍惚

★★★★ 2005年2月12日(土) シネリーブル梅田2 小悪魔が色香で間接的に翻弄するのが、怖いもん見たさと見たくなさが絶妙に鬩ぎ合う倦怠期金持ち主婦というのが新味で、アルダンとベアールの腹芸による攻防が見応え充分。それを深みある撮影とフェイドアウト反…

男はつらいよ 寅次郎真実一路

★★ 1992年8月15日(土) 日劇会館 浮世離れた世界の住人だから成立する物語も、証券会社の会議室でバナナのお土産ってんじゃ浮世離れし過ぎで痛々しい。サラリーマンについての山田流一考察だとすれば現実世界との認識のギャップに反吐でも出そうだ。甘っちょ…

犬猫

★★★★ 2005年2月8日(火) テアトル梅田2 自己嫌悪に打ちのめされても風吹けば気を取り直し駆けていくしかない犬型人間と自動制御的に人生をかわす猫型人間。どっちが良い悪いではなく自分は自分で生きてくしかないという退いた視座。ただ対比の効かぬ繰り返し…

カレル・ライス Karel Reisz

生年:1926/07/21没年:2002/11/25 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

佐久間紀佳 Noriyoshi Sakuma

生年: kenironkun.hatenablog.com