男の痰壺

映画の感想中心です

リラの門

★★★ 2019年7月29日(月) シネリーブル梅田4

f:id:kenironkun:20190804161710j:plain

ルネ・クレール晩年の作品だが、なんやろか、ついていけんなと思った。

ろくでなし男の善意と、それを裏切る現実なのではあるが、その仮借ない描き方がサディスティックであるし、それを一方で尊きもののように描くクレールが何かイヤらしい。

そもそもに、ほんとにダメ男であるし、あの小娘も痛い目にあったらええねんという世界であって、心の寄せどころがないのである。

窮鼠猫を噛むの顛末もなんだかなーの展開であった。

セット美術が素晴らしい。

個々の建物の建てつけもだが、その相互の位置関係の立体感も、かなりドキドキする出来栄えである。

男たちの共生体はモノクロも相まって、カウリスマキの「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」を思い出してしまった。