男の痰壺

映画の感想中心です

嘆きのテレーズ

★★★ 2002年4月15日(月) シネリーブル梅田2

堕ちて行く女と男の物語としては余りに淡白であり、一方で悪女と言うには成り行きに流され過ぎのテレーズがどうにも煮え切らなくシニョレがヘタに意志強固な演技をしてチグハグ。それでも中盤の早朝の死体検分やラストの描写は冴えている。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com