男の痰壺

映画の感想中心です

大列車強盗

★★ 1994年7月31日(日) ACTシネマテーク

エポックであることの価値は否定しないが、技法が半端に熟れているので皮肉なことに往々にして黎明期の作品がもたらす時代に馳せる無作為のロマンティシズムがあまり感じられない。先行しすぎて周回し後尾についた葬り去られる数多の風化した作品の墓碑総代。(cinemascape)