男の痰壺

映画の感想中心です

戦争と人間 完結篇

★★★ 1981年8月7日(金) 日劇会館

f:id:kenironkun:20190922025301j:plain

三部作の中では一応見所が多い。ノモンハン事件の再現は必要だったのだろうし、当時の日活が成し得る最大限のスケールであったのだろうにしても、つまらない。終末へ向かっての激動の中、夏純子扮する中国人少女の生命力が一縷の希望と映った。(cinemascape)