男の痰壺

映画の感想中心です

2022-03-31から1日間の記事一覧

ハンテッド

★★★ 2003年5月31日(土) 梅田ブルク7シアター5 デル・トロのトラウマは物語を転がすための方便として緩さを黙認しても全編に渡って骨子となる「子殺し」というテーマが何の切実味もなく悲愴感が欠片も感じられない。電車を使ったチェイスの冴えのみが往事の…

キャロル

★★★ 1993年9月14日(火) 第七藝術劇場 映画を巡る事件は最早風化しそこへの言及は虚しいだけだが、固めてないリーゼントがまるでロン毛の素の永ちゃんが、反ロッカー的に70年代のフラワーなムードを発散させ秀逸。キャロルと言うより彼の映画ってな位に思い…

団地妻 肉体地獄

★★★ 2003年5月14日(水) 東梅田日活 正味AVに毛のはえた程度の代物としか言えず、定石のストーリーを飽きもせず繰り返すだけにしても、数多ある「映画」の存在意義を考えるに、これはこれで或る意味役割をまっとうしているとは思う。見てる間ずっと勃ってた…

諏訪敦彦 Nobuhiro Suwa

生年:1960/05/28 kenironkun.hatenablog.com

ベルンハルト・ヴィッキ Bernhard Wicki

生年:1919/10/28没年:2000/01/05 kenironkun.hatenablog.com

孤独の報酬

★★★★ 2022年3月21日(月) プラネットプラスワン 60年代にイギリスのスタジオシステムの圏外から勃興したフリーシネマの3羽烏の1人リンゼイ・アンダーソンの作品だが、社会のシステムに対するどうしようもない怒りや反抗というより、ひたすらに男と女の…