男の痰壺

映画の感想中心です

ビリディアナ

★★★ 1982年7月21日(水)  三越劇場

f:id:kenironkun:20200621084951j:plain

素晴らしくロジカルに展開していく反カトリックなアンチモラリズム…ではあるが終盤の突発的カタストロフに至る劇的緊張が明確に形成されてるとは言い難い。明晰な撮影と演出ではあるが正直中盤はかったるい。惜しい。(cinemascape)