男の痰壺

映画の感想中心です

予期せぬ出来事

★★★ 1992年7月21日(火) シネマアルゴ梅田

f:id:kenironkun:20211225221654j:plain

群像劇と承知の上で野暮言うと夫婦と愛人の話に絞れなかったのが物語の純度を低めている。それ程までにリチャード・バートンニヒリズムが発見だったし、更にそれ以上にエリザベス・テーラーの輝きには見とれる。この濃厚な夫婦の前では他は退屈だ。