男の痰壺

映画の感想中心です

真実の瞬間

★★★ 1992年2月2日(日) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20220220082442j:plain

歴史的事実を描いて脚色にも限界があるにしても、ポリシーがあるかのようでその実逃げてるだけの主人公がもどかしい。点景のように描かれる渦中にあって火の粉を被った者にこそスポットを当てて欲しかった。全般締まりがないが最後の査問会には溜飲を下げた。(cinemascape)