男の痰壺

映画の感想中心です

軍旗はためく下に

★★★ 1993年6月13日(日) 日劇シネマ

フレームに拘泥しない深作の演出技法が現代パートのドキュメンタリータッチに即応しており寒々とした寂寥が非情を際だたせる。しかし、過去に遡った戦場シーンでは一転ステロタイプな形骸に堕した。これは逆でも面白かったかもだがやっぱダメな気もする。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com