男の痰壺

映画の感想中心です

夜の河

★★★★ 1994年11月6日(日) ACT活動写真館

この毅然と自立した価値観に立脚した女性の往き方というのは若干今更でもあるが、ハイクオリティの宮川映像と山本富士子の熱い情とクールネスの混在と古都の染物屋という閉鎖社会の雰囲気描写の3者の結合には惹かれる。そういう映画だ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com