男の痰壺

映画の感想中心です

愛の拘束

★★★ 1994年8月28日(日) 新世界国際劇場

何だかようわからん展開がずるずる続いていってる間に一応は納得させられる一風変わった味。男と女の曰く言い難いダレた関係は第3者には付け入る隙はないというなら徹底すればよかったのにと思わせるラストの駅の余韻が図抜けているだけに惜しい。(cinemascape)