男の痰壺

映画の感想中心です

仄暗い水の底から

★★★★ 2001年1月26日(土) 梅田劇場

終盤で情緒過多なメンタリティに陥り予想を超える展開にならぬ物足りなさがあるが、神経症的不安感の表現に於いてポランスキーやコーエンのレベルに迫ったと言えば誉めすぎだろうか。ともかく老朽マンションの美術やどしゃぶりの雨の効果など圧倒的。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com