男の痰壺

映画の感想中心です

フロム・ダスク・ティル・ドーン

★★★★ 1996年6月15日(土) テアトル徳山Ⅱ

もろロドリゲスな後半はともかくタラテイストな前半には堪能した。熾烈なサド趣味がクルーニーの仁と危うく拮抗するあたり、彼はこの映画を完全に背負えている。ラスト泥まみれの風貌は『大列車作戦』のランカスターを彷彿とさせる男っぽさ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com