男の痰壺

映画の感想中心です

ブランカとギター弾き

★★★ 2017年9月4日(月) シネリーブル梅田1
イメージ 1
こういう真摯な映画には世間の評価は甘くなるし、俺も例に漏れない。
ストリートチルドレンを描いた映画である。
だが、その解釈には新味はない…と敢えて言わせてもらう。
 
今一歩足りないと思うもの。
ブランカの歌の艶とスウィング
・爺さんのギターのビート
・兄貴分小僧の悪辣
・人買いばばあの計略
・おかまの善意
 
全般に淡泊なのよ。
自力で海外を渡り歩いて、これをモノにした長谷井監督の今後は期待したい。