男の痰壺

映画の感想中心です

1999年の夏休み

★★★ 2018年8月18日(土) シネリーブル梅田3
イメージ 1
女性漫画家の描いた少年同士の愛憎。
っていえば典型的やおい系で、それに対して門外漢である俺はどうこう言うすべもないのだが…。
そもそも、女性がボーイズラブに興味を覚える心理は不可解である。
だって、自分を仮託する余地がないじゃん。
であるから、それは観念的で空虚な戯言だと思うんです。
 
で、しかも、この映画は少年を少女が演じてるという2重の虚妄構造になっている。
そうなると、もはや何が何だかの世界であって、それを見て倒錯的にレズビアン的な興趣を覚えるしかない。
 
で、脚色が寺山の共闘者であった岸田理生なのだが、観念世界が全開する。
 
これだけのひねり技が動員されて、とんでもない化学変化が映画にもたらされたかというと…。
どうにも食い足りない。
でも、好きかきらいかっていうと、けっこう好きだったりするんですなあ。
 
黒澤の「八月の狂詩曲」で親類の女の子を演じていた大寶智子が男前。
腕白坊主キャラの深津絵里はこんなんだったんですなあ。