男の痰壺

映画の感想中心です

サイド・ストリート

★★★★ 2019年6月22日(土) シネヌーヴォ
イメージ 1
フィルム・ノワールの世界」という企画で見た。
この企画、見たいものがそこそこあるのだが、ほとんどがデジタル上映なので敬遠していた。
今回、他に見たいのがあって、どうせならとついでに見たのだが。
 
アンソニー・マンの未公開作である。
どうも、「ウィンチェスター銃73」と「グレン・ミラー物語」くらいしか思いつかない監督だが、俺はけっこう好きで、「胸に輝く星」なんて映画は大傑作と思ってるんですなあ。
そのへんも見てみようと思った理由かもしれない。
 
文句なしの佳作であった。
出来心から悪さしてしまった男が、ずるずると酷いめにあう話なのだが、描き方が簡潔で手際がいいのである。
脇にからむ人物群が、いちいち味がある。
バーの店主や取り調べの刑事や悪辣な弁護士や、ちょっとした出演場面でかっさらう感じです。
演技を溜めません。チャキチャキやって合理性に貫かれている。
取り調べのシーンなんて、尋問して電話とって尋問して電話とってで爽快です。
それを描くに、アンソニー・マン得意のローアングルの仰角を適宜はさんで小気味いい。
 
そして、主人公の身重の女房が泣かせる。
あーいい娘やなあ、不幸になってほしくないわあ。
って誰でも思うでしょうな。
で、映画も彼と彼女に優しい。
きっと正しく更生するだろうとのラストのナレーションが又泣かせるね。