男の痰壺

映画の感想中心です

2017-08-05から1日間の記事一覧

四十挺の拳銃

★★★ 2016年1月9日(土) プラネットスタジオプラス1 男たちの能天気な入浴シーンや何故かの歌曲挿入の何も考えてなさ気の天然の一方、棄てられ男の顛末やラストガンファイトの容赦の無い残虐嗜好。その混在にどうにも性格分裂気味の居心地の悪さがある。4…

ディア・ハンター

★★★★ 1980年2月29日(金) フェスティバルホール 青から緑へ、静寂から狂騒へとの鮮やか過ぎる転調の基底には狂気が通低する。 ベトナムは彼らの運命を狂わせたか?潜んだ狂気が表面化しただけだ。圧殺の移民史 の反アメリカ賛歌。(cinemascape)

いぬむこいり

★★★ 2017年7月29日(土) 第七藝術劇場 この監督の「アジアの純真」って映画を何年か前に観たとき一種の覚悟のようなものを感じた。 平和な日本で安穏と暮らす緩んだ感覚を撃たれた気がした。 4時間、2,500円って普通なら俺は見に行かない。 「ハッピ…

コンフェッション 友の告白

★★★★ 2016年1月23日(土) 新世界国際 韓国映画にありがちな浪花節的少年時代からの腐れ縁ものだが、一筋縄でいかないグレーな感情を錯綜させ相当に深遠である。加えて聴覚障害の妻や闇金ヤクザや保険内部調査員や汚職刑事とかの傍系キャラが豊富で肉付けも…

男はつらいよ 葛飾立志篇

★★★ 1978年3月17日(金) アサヒシネマ シリーズで再三サブテーマのように取り上げられる「教育」が決して教条的にならないのが山田の上手いとこだと思う。中年勉強バカ同士の恋を描いて本線から離脱ぎみだが小林桂樹が巧く飽きない。役名「田所教授(『日本沈…

東京喰種 トーキョーグール

★★★ 2017年7月30日(日) MOVIXあまがさき6 原作未読というより読むこともないだろうと思う。 俺は「寄生獣」という映画を評価してるのだが、あれと構造は似通っている。 ①半獣身となった少年が主人公である。 ②獣の側にコミュニティがある の2点だが…